歯医者の評判 行き過ぎの治療

img-1

歯医者に行くときには、虫歯になっている箇所を治したい時だけの時と他の歯のメンテナンスのためにいくことがあります。



たいてい最初にレントゲンを撮影して、歯の状態を確認します。



その時に肝心の歯だけではなく、他の歯の状態、衛生士によって細かく確認していくことになります。



この時に、事前アンケートで、今回の診察の意向を聞かれることが多いですが、レントゲンの結果、その説明を受けた上で、診察内容を考えることになります。



ここまでが、評判の良い歯医者ということになります。

多分虫歯になっていたり、これからひどくなる歯があるのにもかかわらず、歯医者ではありますよという事実を告げるだけで、あとは患者の判断に任せます。
ここで、これは治さないと大変なことになってしまうとか、ここままではダメだという断定的、脅迫的な言葉を連ねる医師もいます。



本当に医師の言うとおりであり、ここで治しておいたほうが良いのはわかっているけれど、仕事や経済的な理由など、あと精神的なことで、すぐには治さなくても良いと判断する患者もいます。



この歯医者は無理やり治療をしようとしないという歯医者こそ、評判が良いと判断されます。
ただ境界線として、ほかに虫歯があるのに何も言わなかった場合は、反対に不親切な医師とされます。



少し勝手な判断ですが、患者は自分が気持ち良いとされる医師が良いわけですから、このような曖昧な評判になってしまいますが、もちろん個人差も存在することでしょう。



関連リンク

img-2
歯医者の評判とそれに対する選び方

歯医者がどこにでもある昨今、今やひとつの街にいくつもあるという状況で、遠方のため通院が大変…という悩みも少なくなりました。しかし反面、その数からどこを選んでいいのか、何を基準に選んでいいのかわからないといった状況も増えてきました。...

more
img-2
歯医者選びは評判を調べることから

どの歯医者に行くか決める時に、どんな雰囲気なのかもっと詳しく知りたいということもあるのではないでしょうか。あまり清潔感が無かったらどうしよう、話しかけにくい先生だったらどうしようなど、行ったことのない歯医者であれば不安は尽きないものです。...

more
top